2019/03/21

ウェアラブル ネック スピーカーをソニー製に決めた理由

ソニー製のウェアラブル ネック スピーカー(SRS-WS1)を購入したのですが、購入前にネット上でいろいろなウェアラブル ネック スピーカーと比較したうえで決めました
なぜソニー製(SRS-WS1)にしたのかを書いてみます。

※使用感や、仕様は別に記載する予定です。

ソニー製に決めた決定的な仕様!遅延がない!

Bluetooth接続ではなく、デジタルワイヤレス接続(2.4Gh)ということでした。

技術の違いはよくわってないのですが、Bluetoothは若干の遅延が発生するらしいです。どういうことかというと、テレビや映画を見る際、人の口が動いて一瞬後(0.5秒くらいと見た記憶があります)に声が聞こえるということになるそうです。用途がテレビで映画を見るや、ゲームをするなどの場合は結構気になる点かと思います。(気にならない方は問題ないですが。。) ただ、用途が音楽を聴くという場合は、動いて見えるものがないので、遅延は気にならない(わからない)ので特にこの点は関係ないようです。

接続のしやすさや、対応機器の多さといった点はBluetoothのほうがいいのですが、私の用途がテレビ、映画、ゲームだったので、結構この仕様が決定的でした。

※接続のしやすさといった点では、ソニー製でも実際にはテレビの光デジタル端子と送信機を接続するだけだったので、特に接続が難しいといったわけではないです。ただ、対応機器といった面では、スマホやタブレット、PC、音楽プレーヤーなど、今は普通にBluetoothで接続できる機器が多く、そういった機器と接続したい人には送信機をいちいち接続しなおさないと行けなかったりするので面倒だと思います。ですので、そちらが目的の方にはBlueTooth対応のほうをおすすめします。

※私が購入した時は、ほとんどの製品がBluetoothで、デジタルワイヤレス式はソニーの他に選択肢がなかったということもあります。※ちなみにBluetooth製品では、やはりいろんな評判を見ているとケンウッド製、BOSE製がおすすめできそうです。音質など安定の信頼感があります。

その他気になっていた点

この機能はいいのでは!と想像していたのは、低音で振動する機能でした。人によってはいらないや、実際に低音が出ているわけではないので、という意見の方もいらっしゃいましたが、私は例えば戦争ものの銃撃シーンや爆発シーンで振動があると臨場感や迫力が出るのではと思っていました。 実際に買ってみると、この想像はあったっており、アニメですが、戦闘機が飛んでいるシーンなどはかなり臨場感を得ることができました。かなり満足です!
ここら辺は、音にこだわる人からは邪道、音で勝負しろと思われるのかもしれませんが。。。

これは、比較できないのですが、安いBluetoothの海外製のものは、起動音やバッテリー容量が少なくなった際に、かなり大きな音がしてびっくりするという口コミが多かったので選びませんでした。せっかく映画にのめりこんでいるときに、全然違う音がかなり大きくなると興ざめしてしまう気がします。小さな音で通知したので十分わかるのに、わざわざ大きな警告音を出すほどのものではないと個人的には思っているので、ソニー製で良かったです!

ソニー製のものは、首にあたるところが布のようなもので、他の製品ようなプラスチックが当たってる感が少なさそう。というのもありました。他の製品は実際にはつけたことがないのでわかりませんが、ソニー製は付けていても違和感がなく、心地がよく使用することができて満足しています。

これも確認はできていないのですが、他の製品では、製品自体が固く広がらないため、首が太い人は厳しいかも。と言った口コミもありました。私は購入時点で体重が80Kg程度あったので、と思いましたが、まだ結構ゆとりがある状態でした。

このようなことから、私はソニー製のウェアラブル ネック スピーカに決めました。
皆様の参考になればと思います!

2019/03/20

ウェアラブル スピーカー(ソニー製)が思った以上にいい!

ウェアラブル スピーカー(SONY製SRS-WS1※下のイメージの商品)を購入したのですが、思った以上に良かったので、紹介します。

※SONY製以外のものも検討したのですが、最終的にこれになりました。検討時の内容は別の記事に投稿します。

ウェアラブル スピーカーとはどんなもの?

ウェアラブル スピーカーとは首からかけられるスピーカーです。イヤホンやヘッドホンの肩掛けバージョンといったような感じです。

ただ、書いた通り、イヤホンやヘッドホンとは違い、直接耳にはあてません。そのため、音漏れはすごくします。というか、首元から音がなっているので普通に周りに聞こえます。

首元から音が鳴るため、音に包まれるような感じを受けます。

充電式ですので、使用時には通常ケーブルはない状態です。

音は無線で飛ばす方式ですが、専用の送信機から受信するタイプ(ソニー製はこちらでした。)と、Bluetoothで受信可能なタイプ(他は大体これです)があります。

ウェアラブル スピーカーをなぜ購入したの?

私と妻とで生活のリズムが少しことなり、妻は朝早く起きて、夜早く寝ます。逆に私は朝は比較的ゆっくりですが、仕事が終わるのが遅いため、夜はだいぶ遅いです。そのため、妻が朝食時や、私が夜ご飯を食べているときにテレビをつけていると、隣の寝室の部屋に音が響き、お互いの睡眠を阻害してしまっていました。このスピーカを買えば、音源が耳に近いため、ご飯を食べるとき、大きな音を出さなくてもいいのではと思って買いました。

効果はあったの?

もくろみ通りとなり、隣の部屋には聞こえなくなりました。

スピーカー自体は小さいからだと思います。また、最近のテレビは後や、横から音が出るので、左右に響いて隣部屋まで響いていたのだと思いますが、耳に向けて上方向へ音が伝わるので、隣の部屋には影響が出なくなったのだと思われます。

おかげで夫婦円満です(笑)また、音源が耳に近いため、セリフや小さな音がかなり聞き取りやすいです。そのため、映画を見返していてもこんな音があったのか!と気づかされる嬉しい誤算もありました!。

その他良かった点は?

上記に書いたこと以外でもよかったことがあったので、記載します。

  1. 耳がふさがれない

    ウェアブル スピーカーは肩から掛けるため、イヤホンやヘッドホンのように耳がふさがれることがありません。そのため、電話が鳴った時や、呼び鈴が鳴った時、声をかけられた時などでも、ちゃんと聞こえるため対応ができます。また、耳が痛くなることもありません。

    ちなみに、身に着けたイメージです。

    身に着けたイメージ
  2. 低い音で震え臨場感が得られる

    戦争映画の大砲や、何かが落ちたようなときなど、スピーカー自体が震えて演出されます。そのため、ものによっては臨場感がでてよかったです。

  3. 充電バッテリーが少なくなってもうるさい通知がない

    これは、別の口コミ等で見たところですが、外国製のウェアラブル スピーカーはバッテリー容量が少なくなった際、大きな音で通知され、びっくりする。といったことがあるらしいのですが、このスピーカーはそういったことがありません。さすが日本のメーカーが出しているだけはあると思いました。

  4. 思った以上につけている感がない

    製品を初めて持った時、少し重たいかな?と思ったのですが、実際につけていると全然気になりません。妻はこれをつけて料理をしているのですが、外すのを忘れて、そのままご飯を食べてたりすることがあります。それくらい、気にならず、また肩がこることもありませんでした。

  5. 思った以上に音がよい

    おそらく、小さな音も聞こえるようになったからだと思いますが、映画とかゲームとかする際は、ウェアラブル スピーカーを使うことが多くなりました。私自身があまり、音にこだわりがないためだとは思いますが、私のテレビのスピーカーに比べれば、全然良く聞こえ、迫力もでます。

私個人的な感想も含まれていますが、実際に購入し、使用してみた感想ですので、購入を検討されている方や、気になっている方は参考にしてもらえればと思います。
2019/03/16

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

  1. 広告の配信について

    当サイトでは、以下にあげる第三者配信事業者の広告サービスを使用しています。

    これらの広告サービスは、商品やサービスの広告を表示するため、Cookie(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれないため、個人を特定するものではありません。) を使用することがあります。
    また、これらのサイトは、広告Cookieを使用することにより、このブログや、他のWEBサイトの参照情報を得ることがあります。その情報を基にし、ユーザに適した第三者配信事業者やそのパートナーの広告(以下、パーソナライズ広告といいます。)を表示することがあります。

    もし、Googleアドセンスのパーソナライズ広告が不要な場合は、Googleの広告設定をカスタマイズするサイトにて無効化し、表示させないようにすることができます。
    また、こちらのサイト(www.aboutads.info)にて、第三者配信事業者のパーソナライズ広告用のCookieを無効化することにより、表示させないようにすることができます。

  2. アクセス解析ツールについて

    当サイトでは、Googleアナリティクス(Googleによるアクセス解析ツール)を使用しています。
    このアクセス解析ツールはアクセス情報の収集のためにCookieを使用していますが、匿名での情報収集であるため、個人を特定できるものではありません。
    このアクセス解析ツールは、お使いのブラウザのCookieを無効にしたり、Google アナリティクス オプトアウト アドオン(https://tools.google.com/dlpage/gaoptout/)によりアドオンを取得・インストールすることにより、データ取得・利用を行わないようにすることができます。
    このアクセス解析ツールの規約は、こちらのページ(https://www.google.com/analytics/terms/jp.html)、またはこちらのページ(https://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/)よりご確認ください。

  3. お問い合わせフォームの個人情報の取り扱いについて

    当サイトは匿名のままで、ご利用いただけますが、お問合せフォームにてお問い合わせいただく際、氏名やメールアドレスなどの個人情報の入力をお願いしております。※氏名につきましては、ニックネーム等でも可としておりますが、実名でも受け付けております。また、お問い合わせ時にご入力いただいた内容と、広告・アクセス解析等のサービスとの紐付けは行っておりません。

    当サイトでは、個人情報は適切に管理しお問い合わせ対応のみで使用し、ご本に様への確認なしに第三者への公開はいたしません。 ただし、次の各号に掲げる内容の場合は、この限りではございません。

    • 本人の許可がある場合
    • 法令に基づく場合
2019/03/16

ご利用規約

  1. コメントについて

    当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
    これはブログの標準機能としてサポートされており、コメントへのスパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
    全てのコメントは当サイトの管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。
    • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
    • わいせつな内容を含むもの。
    • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
    • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
    なお、コメントを投稿することのできないコンテンツもございます。
  2. 免責事項

    当サイト内のリンクやバナーなどにより、他サイトに移動された場合、移動先のサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
    当サイトの情報につきましては、できる限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもあります。
    当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

  3. 著作権について

    当サイト「いろいろと投稿してみる(https://nknot.jp/)」に掲載されている情報について、著作権は放棄しておりません。
    著作権法により認められている引用の範囲である場合を除き「内容、テキスト、画像等」の無断転載・使用を固く禁じます。
    当サイト内の記事の引用に関しましては、著作権法に従った「引用元の明示」を行うことで引用いただくことができます。