2019/03/20

ウェアラブル スピーカー(ソニー製)が思った以上にいい!

ウェアラブル スピーカー(SONY製SRS-WS1※下のイメージの商品)を購入したのですが、思った以上に良かったので、紹介します。

※SONY製以外のものも検討したのですが、最終的にこれになりました。検討時の内容は別の記事に投稿します。

ウェアラブル スピーカーとはどんなもの?

ウェアラブル スピーカーとは首からかけられるスピーカーです。イヤホンやヘッドホンの肩掛けバージョンといったような感じです。

ただ、書いた通り、イヤホンやヘッドホンとは違い、直接耳にはあてません。そのため、音漏れはすごくします。というか、首元から音がなっているので普通に周りに聞こえます。

首元から音が鳴るため、音に包まれるような感じを受けます。

充電式ですので、使用時には通常ケーブルはない状態です。

音は無線で飛ばす方式ですが、専用の送信機から受信するタイプ(ソニー製はこちらでした。)と、Bluetoothで受信可能なタイプ(他は大体これです)があります。

ウェアラブル スピーカーをなぜ購入したの?

私と妻とで生活のリズムが少しことなり、妻は朝早く起きて、夜早く寝ます。逆に私は朝は比較的ゆっくりですが、仕事が終わるのが遅いため、夜はだいぶ遅いです。そのため、妻が朝食時や、私が夜ご飯を食べているときにテレビをつけていると、隣の寝室の部屋に音が響き、お互いの睡眠を阻害してしまっていました。このスピーカを買えば、音源が耳に近いため、ご飯を食べるとき、大きな音を出さなくてもいいのではと思って買いました。

効果はあったの?

もくろみ通りとなり、隣の部屋には聞こえなくなりました。

スピーカー自体は小さいからだと思います。また、最近のテレビは後や、横から音が出るので、左右に響いて隣部屋まで響いていたのだと思いますが、耳に向けて上方向へ音が伝わるので、隣の部屋には影響が出なくなったのだと思われます。

おかげで夫婦円満です(笑)また、音源が耳に近いため、セリフや小さな音がかなり聞き取りやすいです。そのため、映画を見返していてもこんな音があったのか!と気づかされる嬉しい誤算もありました!。

その他良かった点は?

上記に書いたこと以外でもよかったことがあったので、記載します。

  1. 耳がふさがれない

    ウェアブル スピーカーは肩から掛けるため、イヤホンやヘッドホンのように耳がふさがれることがありません。そのため、電話が鳴った時や、呼び鈴が鳴った時、声をかけられた時などでも、ちゃんと聞こえるため対応ができます。また、耳が痛くなることもありません。

    ちなみに、身に着けたイメージです。

    身に着けたイメージ
  2. 低い音で震え臨場感が得られる

    戦争映画の大砲や、何かが落ちたようなときなど、スピーカー自体が震えて演出されます。そのため、ものによっては臨場感がでてよかったです。

  3. 充電バッテリーが少なくなってもうるさい通知がない

    これは、別の口コミ等で見たところですが、外国製のウェアラブル スピーカーはバッテリー容量が少なくなった際、大きな音で通知され、びっくりする。といったことがあるらしいのですが、このスピーカーはそういったことがありません。さすが日本のメーカーが出しているだけはあると思いました。

  4. 思った以上につけている感がない

    製品を初めて持った時、少し重たいかな?と思ったのですが、実際につけていると全然気になりません。妻はこれをつけて料理をしているのですが、外すのを忘れて、そのままご飯を食べてたりすることがあります。それくらい、気にならず、また肩がこることもありませんでした。

  5. 思った以上に音がよい

    おそらく、小さな音も聞こえるようになったからだと思いますが、映画とかゲームとかする際は、ウェアラブル スピーカーを使うことが多くなりました。私自身があまり、音にこだわりがないためだとは思いますが、私のテレビのスピーカーに比べれば、全然良く聞こえ、迫力もでます。

私個人的な感想も含まれていますが、実際に購入し、使用してみた感想ですので、購入を検討されている方や、気になっている方は参考にしてもらえればと思います。